うどん旅行

G・Wにうどんを食べに香川まで行ってきました。

1日

瀬戸内海に浮かぶ新日本海フェリーを瀬戸大橋の上から発見し、少し興奮しながら香川県へ到着。

香川で一杯目のうどん。

かな泉





今回行ってみたいと思ったほとんどのうどん屋さんが昼までの営業でした。
なので夜は「一鶴」の骨付き鳥、というものを食べたいな〜なんて妻は希望したけれども
鳥はムネ肉しか食べない夫には受け入れてもらえず
夜も営業しているうどん屋さん「かな泉」で夕食。
一般店なので香川のうどん屋さんにしては値段設定が若干高め。
だしが何となくあまい?ん?っと首をかしげながらも
かき揚げがとってもおいしくて満足!
麺も十分おいしくいただきました。


天使のすむ丘 サン・アンジェリーナ展望台

ライトアップされた瀬戸大橋を一望できる展望台。
このようなはずかしい名前が付いているのはここが挙式場だから。
フェンスにはレンアイの成就を願う「誓いの鍵」がかけられています。

瀬戸大橋

ライトアップされませんでした・・・


ゴールドタワー近くにあった公園にて・・・
どうやらこういう趣向をあちこちで展開している街のようです。


2日

さて、うどん旅行本番の一日の始まりです!

がもう

朝8時半。既に30人ほどの行列。

15分ほどで店前にたどり着きました。

店に入ってまず、うどんの量、小(1玉)、大(2玉)、特(3玉)、と温いか冷たいのかを告げる。
すぐにうどん玉を入れた器を渡され、
台に並んだ天ぷらなどを好きなようにトッピングして
勘定を済ませる。

後は自分で出汁をかけ・・・

好きなところで食べます。

美味い!文句なしに美味いうどん。100えんでこんなにおいしいうどんが食べられる香川最高!



日の出製麺所

午前11時半から午後12時半までの1時間だけ店内で食べさせてくれる製麺所。
11時15分に着くと予想通りの長〜い列。既に開店しているようでした。

半分ぐらい進んだところ。
こんな行列に並んでいるのに皆、笑顔。
一種のアトラクションです。



並んでる間に注文を聞かれました。

30分ほどで席に着くとうどん玉の入った器が運ばれてきました。
後はセルフで目の前にあるポットなどから
出汁を入れたりたまごを入れたりねぎをはさみで切ってみたり
好みで食べます。

会計は帰りに自己申告制。

お土産、買いました。

行列までもが楽しいうどん。麺がおいしいうどん。幸せだ〜。



おか泉

本日3軒目。一般店。立派な店構え。
店先でこの店一押しの「冷天おろし」 の紹介ビデオが延々流されているので
量の多さに若干不安を覚えながらも注文すると・・・

やっちゃった・・・
大きな海老天が2尾どかんと乗っています。

味は格別!サクサクの天ぷら最高です。
麺もかなりのコシ!美味い!
けど・・・食べ歩きには向かない量・・・失敗しちゃった・・・


この先、もう1軒寄る予定でしたが断念。



讃岐富士を眺めながら徳島へ


ようやくお腹も若干空いて来たので徳島ラーメンでも・・・
また麺類かよ!



ラーメン東大

かなりこってり醤油とんこつ味。
生卵のトッピング無料。
ごはんんのおかずになる濃さのおいしいラーメンでした。


3日

鳴門の渦潮を船に乗ってみてきました。

さすがG・W!船に乗るのにうどんの数倍、行列が出来ています。
400人乗りの観潮船なので行列の大半が乗り込めました。

初めて見る渦潮。
意外と迫力あります。
観潮にちょうどいい時間に乗り合わせたのでいい具合に渦ってます!


30分ほど船からの観潮を楽しんだ後、
次は「渦の道」という大鳴門橋橋桁部分に設置された遊歩道から渦潮を見下ろすことに・・


渦の道

渦潮まで45m。
足がすくみます。

上からのほうが渦が綺麗に見えました。


うどんを食べるだけというシンプルな旅行計画。
渦潮という観光を一つだけ取り入れて
あとは電車を撮ったりのんびりした旅行でした。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO