道東編

本来ならここを中心に旅したかったのですがどの峠も30m先が見えなくなるほどの霧が発生する天候のため早々に退散する。

鶴居キャンプ場(キャンプ3泊目)

PM9:00になるとすごい音量でチャイムが鳴りビックリ。

この日が一番天気が悪かったのではないだろうか?

雨音激しく不安な夜。早く朝になって欲しいと強く願っていた。

ここで嬉しかった事は近くの温泉「湿原温泉 湯元 鶴乃家」

湯船が二つと露天風呂が1つシャワーなしの素朴な銭湯が気に入った。

 

太郎湖

雄阿寒岳登山道途中にある原生林に囲まれた小さな湖。
登山道入り口から500m弱のところにある。15分ほどで着く。

原生林に囲まれた静かな湖。

ここへの道が判らず阿寒湖畔の駐車場のお兄さんに聞く。

雄阿寒岳登山口からすぐだと親切に教えてくれる。

「地図に載ってるんですけど・・」となにやら地図まで出し

説明しようとしてくれたのですが

「・・この地図には載ってないんですけど。」

・・・・・・

そしてその地図をくれた。

 

もう少し奥に行くと次郎湖というもう一回り小さな湖があるが

登山道入り口の「熊出没注意」の看板に怯え、

ひたすら手を叩きつつ先に進んでいた為

この奥まで行く勇気はなかった。

今度はもう少し対策をたててから行こうと思う。

(鈴を持っていく、先に人が入ってそうな時に行く)

 

何も見えない摩周湖 去年はすっきり見えたのに・・

阿寒湖畔散策路にあるボッケ(硫黄臭漂う)

  

和琴半島キャンプ場(キャンプ4泊目)

月夜に浮かぶ屈斜路湖を眺め、

洗濯の終了を待つ、のんびりした時間を過ごす。

空が明るくなれば目が覚める私はキャンプ中はとても早起き。

5時にはごそごそ外に出始め行動を開始する。

寝起きのとても悪いまさくんもつられて起きるはめになる。

おらっちはカメじゃない

 

 

どうしても行きたいと言うので・・・。「頑張れ雪印!(でも僕は忘れない)」

 

ワッカ原生花園

残念な事に二人乗り自転車はもうなくなってしまっていた。

おっととと 風が気持いいぞ
青空っていいね〜 いつでものんびり

 

えい!やあ!

うお〜!


旅は道北編へと続く

 

奥入瀬編 道南編 道北編 その2 道央編 その2

 

TOPに戻る

 

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO